新国立劇場「オレステイア」 4時間、趣里ちゃんに釘付けでした!

こんばんは、あさがおです。

 

柚香光さんが次期トップと発表された前後に、それ関連の投稿にアクセスが集中していて少しビビっていたのですが、ようやく落ち着いたようです・・・。

人気ブロガーの方にしたら大したことないアクセス数かもしれませんが、ほそぼそとのんびり気ままなことを書いてた身としては、ちょっと怖くて遠くから様子を伺っていました😅

それだけ、柚香光さんが注目されているということなんでしょうね。

 

 

 

今日はタイトル通り、6月に観劇した「オレステイア」について書きますが、そんなに濃ゆくない感じで。

 

オレステス・コンプレックスでも有名な、ギリシャ悲劇を題材にした「オレステイア」。

 

ジャニーズの生田斗真さん主演ということでかなりチケ難でしたが、宝塚OGの音月桂さんや、女優の趣里ちゃんが出演するのでなんとしても観に行きたくて、頑張ってチケットを手に入れて平日の夜に観に行きました。

たまにこういう重めのお芝居をガッツリ観たくなるんです。

 

 

そして、本当に見応えあった!

休憩が2回入って、合計4時間以上の上演時間と知ったときはちょっと心配していたのですが、全く退屈しなかったし、とっても面白かった!

 

 

特に趣里ちゃんのお芝居は、ずーーーーーっと観ていたいと思ったくらい。

主に出てくるのは一幕で、子供の役なのですが、表情や動きが本当に可愛くてとっても魅力的でした。

語彙力がないので、可愛かったとか良かったとか魅力的だったとかすごかったとかしか言えないのがもどかしい。

 

 

表情や体の動きは大げさなくらい子供っぽいのに、声は作っていなかったのでセリフが煩くなく聴きやすかった。

終始、表情がくるくる変わるのが可愛くて惹きつけられたのですが、特に、お父さんの膝の上で3つのカップの中身を飲むところの表情が、個人的にとてもとてもとても好きでした。

1杯目はなんだったかな(^_^;)甘いシロップだったかな?

2杯目が毒薬。

3杯目が水?なんだっけ?ここで甘いシロップ?

え、本当にとても好きな場面なの(^_^;)と思われるかもしれませんが・・・。

2杯目の毒薬を飲んだ後、趣里ちゃんが「水、水💦」って次のカップを求める表情と動き、3杯目のカップの中身を必死で飲み干すときの見開いた目が、まだ本能に近い場所にいる子供そのもので、惹きつけられたのです。

その前後の、父親の首に両腕を回して抱きついているときの様子も、幼い女の子にしか見えなかったし。

黄色い鮮やかな衣装も素敵だった。

細くて華奢な腕に長いウェーブヘアがかかっていたのも、可憐でした。

あ〜可愛かった💖

 

 

 

 

 

趣里ちゃんのお芝居って、いつも、観ていると「良いもの観た〜(≧∀≦)」って幸せになるんです。

「アルカディア」という舞台で初めて拝見したのですが、その時は井上芳雄さん目当てだったのに、趣里ちゃんのお芝居が素敵すぎて、いつの間にか釘付けでした。

「オレステイア」も、趣里ちゃんが出てきたらオペラで趣里ちゃんばっかり観てしまった。

音月桂さんを観るのも楽しみにしていたし、彼女も何役も演じ分けていてすごいなと思ったし、眼光鋭くてかっこいいし綺麗だったんですが、何となく趣里ちゃんに目が行ってしまいました。

どんな演技するんだろう、どんな表情でどんなセリフの言い方するんだろうって、ワクワクするんですよね。

声が低いのも良いんですよね〜。

 

幸せな時間をありがとうございました。

 

 

母親役の神野三鈴さんも、鬼気迫る演技で、これが舞台で活躍する女優さん!という感じ。

意味不明かもしれませんが、「尊敬する!!」と思いました。

 

そうそう、新国立劇場の座席の配置も、とても観やすかったです。

 

 

 

 

 

役名もちゃんと書かずにゆるくてすみません。

でも、今日はなんかそんな気分。

 

 

たまにはのんびり、「あの舞台良かったな〜」とゆる〜く思い返すのもいいですね。

 

 

次の観劇は雪組の東京公演かな〜。ムラからどれだけ進化しているか、楽しみです☺️

 

 

ではでは、また🍀