キキちゃん、ヤバない?

こんばんは、カノンです。

今日は、先日の和希そらくんに引き続き、宙組の、キキちゃんこと芹香斗亜さんについて書きたいと思います。

 

今回の「天河/シトラス」でキキ沼に落ちた方、多いのではないでしょうか?

 

キキちゃんは容姿端麗で、男役として体型にも恵まれていますが、見た目の麗しさからは意外に感じるほど

     歌もダンスも演技も手堅い

ですね。

失礼かもしれませんが、キキちゃんのルックスなら、もっとふわふわしてるイメージを持ってしまいがちなところ、本当にしっかりしている。あまり聞いたことありませんが、「3拍子揃った」と言えるのではないかな。

 

歌もダンスも演技も上手だけど、ギラギラしていなくて、「見やすい」スターさんだと思います。

舞台上の姿だけでなく、普段の言動や振る舞いも含めて、欠点が見当たらないスターさんですね。

 

歌で言うと、低音も無理なく聴きやすいですが、高音が綺麗に出るなあと、Sante!!の時も、今回のラムセスの歌でも感じました。

本当に安定していて聴きやすい。

下級生の頃は歌うまなイメージはなかったのですが、パーソナルブックに、「休みの日もレッスンに行っている」と書かれていたので、地道に基礎を身につけて、歌う体を作られたのかもしれませんね。そういう安心感があります。

 

ダンスも、「上手」という言葉では表現しきれない、なんとも言い表しがたい魅力があります(単に語彙力がないだけかもしれませんが(^_^;))。

余裕がある、ということなのかな。

見てて、「うっま!」と驚くようなダンスではないのですが、なんというか安定している。そして余白がある、まだ全力じゃない。いや、全力でがむしゃらに踊る時期は過ぎて、より美しく、自身の魅力を表現する余裕を身につけたような。

特に手の動きが美しいですね。

 

演技もクセがなくて端正です。

美しい方はあまりコメディが得意ではないことがありますが、キキちゃんの場合はこちらも問題ない感じ。

「アーネスト イン ラブ」のアルジャノンは、アドリブも気負ったところがなく自然で、コメディセンスも十分ある方だなあと思いました。

人によってはアドリブでヒヤヒヤさせられることもありますが、キキちゃんは安心して見ていられます。

おそらく、万事においてセンスがいい✨ということなのでしょうね。

メリハリもあるし、個人的にとても心惹かれる方です。

 

さて、今回のショーでは「PARADISO」、素敵でした。

チャイナ服とハットがあんなに似合うフォルムの方、いるかなあ。

お芝居でラムセスを見て、「チャラいけど男らしいイケメン(❗️)」とか思っていたら、ショーではあんなにしっとりとした大人の色気で攻めてくるなんて・・・。

ここでも本当に不思議だなあと思うのですが、キキ様(呼称が変わってるww)は、あんなに爽やかなのに、結構濃い〜い色気も出せるんですよね。

かと思えば、アマポーラでは妖精のようで・・・。

奥深い・・・。

キキ沼、沼底はまだまだ深そうです。

 

 

 

最近周囲では、ドボンドボンとキキ沼に飛び込む方が続出しており、既に警報出すレベルです。

ベテラントップのみりおさんの元を離れ、新米トップのゆりかちゃんの元で、2番手として果たすべき役割も重くなるでしょうから、今後ますます素敵になっていくでしょう。

沼が満員状態になる日も近い。いや、でも底が深いからな・・・。

今からこれでは、これからどうなるのか・・・?

ちょっと、ほんまに

    キキちゃん、ヤバない?

 

ではでは、また(^^)/~~~