和希そら考

こんばんは。カノンです。

 

先日、宙組公演「天は赤い河のほとり/シトラスの風」を観てきました。

公演の感想は、またゆっくり書きたいと思いますが、今日は和希そらくんについて書きたいと思います。

 

彼女がダンサーだということは有名でしたし、何かの映像で見たこともあったかと思いますが、今回生で観て、実感しました。

 

めちゃくちゃ上手い!!

 

と(大した感想じゃなかった。)。

 

天河ではカッシュという軍人の役柄で、マントを着けてたんですが、いつどの場面を見ても、彼女のマントの動きがかっこいい。

手でさばいているというわけではなく、体の動きにあわせてなびいているだけの時も、かっこいい。

もう、そらくんの動きというより、マントばかり見てしまいましたよね。

他にもマントを着けている方はたくさんいたのですが、そらくんのマントの動きは特別カッコよく感じた。体の動かし方が上手いのだろうな。

良いもの見たな〜という感じでした。

 

ショーの方でも注目してましたが、「Mr. BOJANGLES」のダンスには魅せられました。

彼女の体から音が鳴っているように感じた。

私は全くの素人なので、どんなダンスがいいとか分からないのですが、たまに、ダンサーの体から音が鳴っているように感じるときは、観ていてとても幸福感を感じます。

以前、羽生結弦さんのスケートを観ていて、体から音が鳴っていると感じたことがあったのですが、今回そらくんのダンスを見ていて、久々にそういう感覚になりました。

 

私は、和希そらくんファンではないのですが、ついつい見てしまいましたし、本当に素晴らしいな〜と思ったので、うまくまとまらず言葉足らずですが、感動を忘れないうちに綴っておきたいと思いました。

 

下級生だからか、残念ながらDVDやBlu-rayではあまり映っていませんね。

是非、和希そらアングルを作ってほしいものです。

 

次回の公演も楽しみです。

 

それでは。