月組「夢現無双」 美弥るりかさんの集大成😭 美園さくらちゃんお披露目💖

こんばんは、あさがおです。

 

先日、月組の「夢現無双」観てきました。

私、昔、この舞台の原作である吉川英治さんの「宮本武蔵」を少し読んだことがありました。

また、大河ドラマも少し観たことがありました。

どちらも「少し」というのは・・・面白くなくて挫折したのでした😅

 

小説の方は、話が面白くないというより、戦って勝っては次の相手・・・とちょっとワンパターンというか、

いや、好きな人にとったら、一つ一つの戦いで武蔵が成長していく過程を楽しめるのかもしれないのですが、当時の私にはそこまで読み取れず・・・。

大河ドラマの方は、主演の俳優さんのしかめっ面を見続けるのがしんどくて・・・。

 

 

なので「夢現無双」も、正直、ストーリーには全く期待していませんでした。

もしかしたら、宝塚だから、劇的に感動的な脚本になっているかも・・・と淡〜い期待はなきにしもあらずでしたが。

でも、予想通りって感じでした。

 

 

オープニングはかっこよかったんですよ✨

曲もかっこいいし、照明もちょっと変わっててワクワクしました。

それに、私、開演アナウンスが途中で入るの、好きなんです😚

  わ〜、素敵だなぁ💖

って思いました。

お話も、途中までは引き込まれて、集中して見てました。

 

でも、なんか途中でハッと

  あ、なんか(さっきから)つまんない

って気付いてしまう感じでした。

そこからはお尻の痛みに気が行ってしまい(普段は舞台に気持ちが行ってるからあまり気にならないのだと思う。)、辛い時間でした。

最後の方はまた集中して見られたんですけど。

 

 

 

面白い場面はちょいちょい挟まれていたんですよ。

れいこさん(月城かなと)の場面とかコミカルだったし、美弥ちゃんが出てくるとなんかしんみりしちゃうし。

何より、さくらちゃんがボロボロ泣いてて、とっても可愛かった💖

 

でも、それ以外の場面の印象の方が強いのか、結構つまんなかったなという感想になってしまいました。

多分、何回も観たら、それぞれの戦いの場面を区別して観られるのかもしれませんが、1回しか観ない身としては、

戦う→「まだまだだ!」→「おつうとは一緒になれない!」→手紙渡して旅に出る

をぐるぐる繰り返しているだけに見えて、最後は

 え〜〜〜!またぁぁ?!

ってのけぞってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

ありちゃん(暁千星)は、可愛い系の役が多いから、ああいうお役をするのも良いのかもしれないけれど、月組は毎公演1回行くくらいの私にとっては、分かりやすく似合う役の方が、「ありちゃん🧡」と楽しめるなと思いました。彼女の芝居が良くないとかそういうのではなくて、少しでも楽しめるポイントが欲しい作品だったので。

でも、スラッッとしててカッコ良かったです。

 

れいこさんは、毎回思いますけど、あんなに美人なのに自分の容姿にこだわりがないというか、面白い役、間抜けな役もこなしますね〜。

しかも安心して見られるの✨

笑えるかな、笑えるかなってハラハラしながら見ないといけない人いますけど、れいこさんは全然大丈夫👍

貴重な人材ですね。

 

 

美弥ちゃんはもう、美しいですね、本当に。

卒業されるのが本当に惜しいです。

もっともっと美弥ちゃんが輝ける作品にできなかったのかな・・・All for one のアラミスみたいな、キラッキラ✨もうあからさまに輝いてます!!みたいなのが良かったなぁなんて思わなくもないです。

ただ、派手な役じゃなくても良い、と言うことなんですかね。

美弥ちゃんの中からの輝きを堪能するためには、役の光は邪魔なのかも。

 ←佐々木小次郎に失礼

確かに、余計なものは何もない、「佐々木小次郎の薄〜い膜をかぶった美弥るりか」といった感じでした。

ああ、これが「集大成」ってことかなぁ、としみじみしてしまいました。

 

 

 

たまきち(珠城りょう)は、私、嫌いでもないし何もネガティブなイメージないので、貶めたい訳ではなく本当に純粋に思ったことなんですが(前置き長い)

  棒読みだった・・・?

いつもあんな感じのセリフの言い方ではあるし、それが良い時もあるけど、今回は気になった。

みんなから「殺気立ちすぎ」と言われてたけど、全然殺気を感じない〜😅

でも、仕方ないです。

世界の夫ですからね。

あの優しいたま様に、なぜあの役を?

 

 

それにしても、たまさくのお披露目にしても、美弥ちゃんの卒業にしても、ピッタリとは言いにくい作品かなと思いましたけど、なんでこのタイミングでこの作品にしたんでしょうね。

 

 

 

 

 

まあでも、宝塚のファンの方って結構厳しいのか、ちょっと単調な作品とか分かりにくい作品だと駄作扱いしますね。

でも、舞台って、大衆的で娯楽性高いものばかりじゃないですからね。

つまんないな〜ってものもありますし、ストーリーないけど雰囲気がとても素敵!ってのもありますし、なんかよくわかんないけどすごくエネルギー感じた!!ってのもありますし・・・。

観客が、エリザベートやファントムやロミジュリみたいな、誰がどこから観ても面白い作品じゃないとダメ(とまで思っている人ばかりじゃないでしょうけれど)なんて許容範囲狭いこと言ってると、なんと言うか、かえって小さくまとまってつまんなくなりそう。

と言いつつ、私もただつまんないだけの舞台を見てしまったときは、ハズレだったなと思うんですけど😅 

でもそれはそれで、自分の中に蓄積されて、舞台を見る目を養ったり、感性を磨いたりできる経験になってるかなと思います(何を目指しているのかと言う感じですが)。

 

要するに、観劇が大好きと言うことです✨

 

 

「夢現無双」は、分かりやすく面白い話ではなかったけれど、役者のお芝居をちゃんと見られる作品という意味で、面白かったです。

役者にとっては勉強になる作品だったかもしれないな、とも思います。

いやほんと、誰目線なのかって感じですが・・・。

 

 

なんにせよ、美弥ちゃん、卒業おめでとうございます✨

さくらちゃんは、トップ娘役就任おめでとうございます🌸

お2人のこれからの舞台人生が、幸多いものでありますよう・・・。

 

 

 

 

ではでは、今日はこの辺で🍀

 

宙組全ツ「追憶のバルセロナ」振り分け発表!セシリアは誰だ⁉️ 〜勝手に配役予想しちゃいます✨〜

こんばんは、あさがおです。

宙組全ツ「追憶のバルセロナ」の出演者が発表になりましたね〜😚

同時期上演のバウに若手、全ツに上級生という感じ。

 

配役発表が待ち遠しいですが、きっとまだまだ焦らされるのだろうと思うので!

今のうちにしかできない、勝手に配役予想!!してしまいます!!✨

と言っても、お話を知らないので、キャラ設定を前提に考えることはできません・・・😅

番手を基準にしか予想できないので、初演をご存知の方は「このキャラにこの子は合わないでしょ!」って思われるかもしれませんが、ご容赦くださいm(_ _)m

 

まず、初演(2002)キャストはこんな感じ。

  フランシスコ(青年貴族):絵麻緒ゆう

  イサベル(ジプシーの娘):紺野まひる

  アントニオ(フランシスコの親友):成瀬こうき(専科)

 

  ロベルト(ジプシー):朝海ひかる

  ジャン・クリストフ(フランス軍大尉):貴城けい

 

【貴族側】

  イアーゴー(クリストフの部下):未沙のえる(専科)

  アズナワール(フランス軍司令官):飛鳥裕

  レオポルド(フランシスコの父):美郷真也

  テレサ(フランシスコの母):灯奈美

  フェイホオ(フランシスコの家の使用人):音月桂

  セシリア(フランシスコの許嫁/アントニオの妻):白羽ゆり

  オリバレス男爵(セシリアの父):すがた香

  ルクレツィア(セシリアの母):美穂圭子

 

【ジプシー】

  ミゲル(ジプシーの親方):風早優

  エンセナダ:未来優希

  アルバラード:立樹遥

  フェルナンド:壮一帆

 

以上は、Wikiや当時観劇された方のブログなどを参考にさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回の全つでは

  フランシスコ:真風涼帆

  イサベル:星風まどか

  アントニオ:芹香斗亜

までは間違いないですよね〜。

 

 

それ以下はどうなるでしょうか?💓

 

  ロベルト(ジプシー):和希そら

  ジャン・クリストフ(フランス人):桜木みなと

     ←ここは単純にイメージですが、逆もあり得る。

      出番の多い方がずんちゃんになるのかな。

  

  レオポルド(真風父):寿つかさ

  テレサ(母):花音舞

かなぁ。

 

 フランス軍のイアーゴーとアズナワールは年配の役なのでしょうけれど、今回年齢設定が変わるかもしれないと思うと、ちょっと予想がつかない。ジプシーもたくさん出て来るみたいなので、この辺りの主要な脇役を 

   凛城きら、星吹彩翔、美月悠、七生眞希、秋音光、秋奈るい 

が務めるのかなぁ。

 

 

 

おそらく下級生でおいしい役の  

  フェイホオ:風色日向

あたりが来るのかしら🤔

ナニーロ君は、いつもちょっと目立つお役ですからね。

 

 

 あと、気になるのはセシリア役!

 

  セシリア:天彩峰里 

  オリバレス男爵(父):凛城きら

  ルクレツィア(母):綾瀬あきな

だったら良いな〜💖 峰里ちゃんとりんきらさんの父娘が観たい。

 

ジプシーの女の子たちもたくさん出て来るようで、初演のキャストを見ると五峰亜季さんや花純風香さん、麻樹ゆめみさん(なぜかここだけ敬称)などがされているので、ちょい役ではなさそう。

個人的には、舞咲りんちゃんのチェキータがどんなお役か気になります。目立つ役かしら。

華妃まいあちゃんとか、ジプシーの情熱的な歌を歌ってほしいなあ🎶(繰り返しますが、作品の内容知りません)

 

 

 

 

と、ザクっと予想しましたが、セシリアは遥羽ららちゃんとまいあちゃんも候補なのかな?というところも気になるところ。

真風さんの元許嫁でキキちゃんの妻役ですからね!娘役としては2番手ポジ✨

別箱でヒロインをしてきた娘役さんがキャスティングされるのでしょうね。

 

 

まいあちゃんは歌上手いし私は好きですけど、ヒロイン的なお役はあまり付いていないから、セシリアはないかなぁ⤵︎

(でも、まいあちゃん、好きだよぉ!)

 

 

遥羽ららちゃん天彩峰里ちゃんの序列(と言うとえげつないですが)は、私は峰里ちゃんが上だと感じているのですが、どうでしょう。

 

「異人たちのルネサンス」では、峰里ちゃんの方が目立つ役だったし出番も多かった。

「白鷺の城」も「オーシャンズ11」のフィナーレも、峰里ちゃんは真風さんと絡むパートありましたね。ららちゃんは、ショーでは正直あまり目立つポジションはもらえてないんですよね💦

 

今回のオーシャンズ11では、ららちゃんがキキちゃんの相手役のポーラで、峰里ちゃんは3ジュエルズという歌手?の役なので、ららちゃんの方が「役が付いた!」って感じですね。

3ジュエルズの方が、出番が多くて実力派が配役される役とは言えるかなぁ(仙名彩世さんもされてました!←ゆきちゃんファン)。

ちょっと比較しづらいですよね。

そもそも、オーシャンズは男役11人を見せる演目なので、娘役はどの役をやるのが良いのでは??と勘ぐるのが難しい笑。

ヒロインのテスの次に目立つのがクイーン・ダイアナですし😅

 

 

ただ単純に、ららちゃんは、まどかちゃん、峰里ちゃんよりも学年が上で、今回出演される娘役の中では上級生側になりそうなので、そこを考えるとやっぱりセシリアはないかなぁと思います。

(ある意味、これが一番もっともらしい根拠な気がする)

 

 

 

 

そういえば、ららちゃんって今までヒロインしてきたのかな?と気になったのでWikiで調べてみました(探究心)。

「Shakespeare〜空に満つるは、尽きせぬ言の葉〜」「王妃の館」で新人公演ヒロインされてたんですね!

その後、「不滅の棘」でヒロイン。この役、好きでした✨

そんなに「ザ・ヒロイン」ていう感じじゃないけど、見応えあるヒロインをされてますね。

 

峰里ちゃんは「天は赤い河のほとり」で新公ヒロイン。

「群盗」でのヒロイン役は、まだ記憶に新しい(私もこのブログでこれでもかと熱く語ってしまいましたが・・・)。

どちらも「ザ・ヒロイン」ですね(^_^;)

「天赤」は、見てるのちょっと恥ずかしいくらい少女漫画的でした。

「群盗」のデュエダンはちょっと見てられなかった(オペラで凝視してましたが!!)。

 

 

 

 

う〜ん、ま、過去の役付きはともかく、学年のバランス的には、やっぱり今回は峰里ちゃんかなぁ(結局そこかい)。

とか言ってて、もっと下級生が抜擢されたりして(^◇^;)

 

 

 

個人的には、峰里ちゃんがキキちゃんの相手役だったら、群盗の感動再来😂になりそうで嬉しいです😋(どんな話か知らんけど)

なので、ちょっと峰里ちゃん贔屓な予想だったかも笑。

なんかこの2人の並び、ときめくというか切なくなるんですよね💖

相性というものなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

さてさて、蓋が開いたらどうなるのかな?

しばらくは、発表を心待ちに、あれこれ思いを馳せる毎日が続きそうです。

 

 

ではでは☘

星組全ツ「アルジェの男」@梅田芸術劇場メインホール(2019)感想 〜礼真琴の新境地〜

こんばんは、あさがおです。

 

行ってきました!「アルジェの男」!!

まさかチケットが取れるとは思わなかった!

全ツの発表があったときは、キャパの大きな劇場ばかりだったので「埋まるのかな・・・」などと心配していましたが、チケットが発売されるや完売続きだったようなので、今回は本当に行けないかも・・・と思っていました。

 

この公演は、もう本当にこの一枚しかないから!と思い、最初からすっごく集中して見ました(何回か行けるときは、1回目は贔屓の出番を確認しつつオペラで贔屓をガン見するのです)。

 

いやあ・・・良かったです。

本当に良かった。

これまた演目が発表されたときは、過去に上演されていた時に「つまんなさそう」と思ったからどうかしら・・・などとのたまっていたワタクシでしたが、とても面白かったです。

ストーリーも面白かったのですが、琴ちゃん(礼真琴)を始めとする出演者の演技が良かったんでしょう。

すごく濃密で、退屈するところがなかったです。

琴ちゃん演じるジュリアンの「成り上がり物語」と、簡単にまとめられないくらい、どの役もしっかりしていて、見応えがありました。

 

 

ジュリアン役の琴ちゃんは、言うまでもなく上手かった!

歌が上手い、ダンスも上手い、演技も上手い✨

琴ちゃんの演技は、いつも過不足がないんですよね〜。そのセリフにはその間、その表情、その抑揚しかない!って演技をしてくれるから、「良いものを見ているわ〜」と幸福感に包まれます。

ジュリアンも、荒々しい時と、感情を抑えている時、気持ちを偽っている時などなど、いろんな表情、声色を楽しめました。

昨年の「阿弖流為」の時は、とにかく熱くてパワフル、エネルギッシュ!って感じで、それはあの演目、あの役にはぴったりでしたが、ジュリアンは少し大人になった琴ちゃんを見られたなぁと思いました。

「霧深きエルベのほとり」のフロリアン役をやったことで、エネルギーで押すのではない演技というのが身についたのかもしれませんね。

悪でも善でもなく、静でも動でもない、あるいはどちらでもある・・・そんな新境地を見せてもらったようです。

次期トップ就任も決まっている琴ちゃん

もう、楽しみでしかない!✨

 

 

 

サビーヌ役のはるこさん(音波みのり)は、学年が割と上なので、どうかすると老けて見えてしまう恐れもあったのかなと(実際は見る前から全く心配していませんでしたが、一般論として)思うのですが、彼女は本当に、瑞々しいですね。全く違和感も何もなかったです。

それほどサビーヌの人生が詳細に描かれているわけではないし、セリフが必ずしも役の本音を表してはいなかったと思うのですが、サビーヌの気持ちや、描かれていない間の暮らしが伝わる演技で、とても健気でいじらしいヒロインでした。

ピンクと黒の衣装が可愛かったなあ💗

ただ、私が観た回は、喉の調子が悪かったのか、歌がイマイチだったのが気になりましたが。

確かに、はるこさん、歌が得意というイメージはなかったけど、それほど酷いとも思っていなかったんですよね。

でも、今回はちょっと、「え?」って思うほど歌えていなかったです。

あと、スタイルが良すぎでしたね。けしからんです!

露出度高めの衣装の時は、はるこさんの腹筋やら太ももやら腕やらに目が行ってしまって、困ったものでした!\\\٩(๑`^´๑)۶////

 

 

 

 

総督の娘、エリザベート役のまめちゃん(桜庭舞)も、可愛かった💖

彼女は、写真よりも生で見たほうが可愛いですね。顔も、生でみると本当に小さい。

気位の高いお嬢様でしたが、全然嫌な感じはなく、憎めませんでした

こういう役をやると、イラっとさせる演者もいると思うのですが、本人の持っている雰囲気なのか、演技がうまいのか、彼女はむしろ可愛く見えました☺️

彼女もジュリアンに裏切られた一人だと思いますが、それを知った時の反応はどんなだったのかな、見たかったなと思いました😅

 

 

 

 

もう一人、ジュリアンを取り巻く女性として出てくるのが、アナ・ベル役の小桜ほのかちゃん

私は、ほのかちゃんの演技が一番、響きましたね。

アナ・ベルは、ジュリアンと出会った時には、男性と愛しあうことなど自分の人生には有り得ないと考えていたのですが、ほのかちゃんの演技からは、卑屈になるわけではなく、諦めているというのでもなく、ただ現状を受け入れているという無垢さというか心の静けさを感じました。

ジュリアンに恋をし、彼が尋ねてくる日のどうしようもなく心の浮き立つ様子や、愛していると言われて戸惑いながらも幸せが溢れる様子も、とても自然で可愛らしかった。

そして、ジュリアンに裏切られた絶望。

歌声もとても澄んでいて、悲しかったですね。

それぞれの場面の登場時間は決して長くなかったので、短い時間でその時々の心情を表現しなければならない難しい役だなぁと、素人ながらに思いましたが、ほのかちゃんは素晴らしかったと思います。

私もアナ・ベルと同じように心が動いていきました。

なんというか、彼女はいつもとてもいいお芝居をするんですよね。

ヒロインよりも、ちょっと難しい役どころをされた時に輝くなあと思います。

もちろん、ヒロインをされても素敵なのだろうと思いますが、今回のほのかちゃんを見ていて、ヒロインをすることだけが全てじゃないなあと思いました。

ファンとしては、ヒロインや主演をしてほしいと思っちゃいますけどね・・・。

アナ・ベルがほのかちゃんで良かった!💖

 

そしてそして、そんなアナ・ベルに思いを寄せるアンドレ役の極美慎くんも素敵でしたね✨

どんどんかっこ良くなりますねぇ、極美慎くんは。

背も高いし、スタイルが良いので、遠くからでもどこにいるか分かりますし。

割と元気の良い役が多かった気がしますが、アンドレ役は少し抑えた感じの静かな演技で、キュンとしました💗

アンドレもそれほど登場シーンやセリフが多いわけではなく、セリフ以外のところで気持ちを表現しなければならないけれど、付き人という立場上、あまり大きな動作や表情で表現することもできなかったでしょうから、難しいだろうなと思いました。

それに、登場シーンは飛び飛びなのに、アンドレとしての気持ちが登場してから最後まで繋がっていなければならないのも、難易度高いわぁと。

でも、慎くん、とても良かったと思いました。

最後の行動や表情から、アンドレが抱えていたものの重さがしっかりと伝わりました。ズシーンと来ました。

とても良い役だったので、慎くん、良かったね!と、何故か母親のような気分になりつつ見ていました。

今後がとっても楽しみな男役さんです。

 

 

 

 

 

 

総督夫妻も良かったですね。

朝水りょうさんが、この役どころか!と驚きましたが、ぴったりでしたし、白妙なつさんの夫人はとてもキュートで、ウケ狙いじゃないのに自然と観客の笑いを引き出していて、しかもその笑いが芝居中で浮いていなくて、心地よかったです。

正塚作品だと、笑いが浮いてることがある(というか大体そう😅)のですが、それとは違いましたw

脚本も良かったんでしょうけれど、二人の芝居と呼吸が良かったんでしょう。

 

 

ミッシェル役の紫藤りゅうくんも爽やかでぴったりでした。

この役も、ただの主人公の友達ではなく、本当の理解者という描かれ方だったのが良かった。

しつこいですが、しどりゅーにぴったりでした✨

 

 

 

 

 

 

忘れちゃならんのはジャック役の愛月ひかる様ですね!

いや、流石専科です。

迫力がwww

こないだまで宙組だったのに、すっかり専科の貫禄が・・・。

正真正銘のワルでした。

経験値とか体格の良さとかからすれば、もっとバーンと前に出てしまってもおかしくないと思ったのですが、ちゃんと星組の組子と「不良グループの一員」感も出していらっしゃって、でも埋れていなくて、芸達者ですなと感心しました(誰やねん)。

愛ちゃん、宙組以外でも見られて、なんか得した気分。嬉しいです。

いろんな組に出れば、組カラーや番手の枠にとらわれない役ができそうなので、芸達者な愛ちゃんには力を発揮する場が増えて良いことですよね✨

ショーでは可愛い愛ちゃんも見られたので、大満足でした💖

 

 

 

 

 

 

まだ全国ツアーが始まったばかりなのに、この完成度。

これから全国を回る間に、どれだけ進化して行くか、楽しみです。

私が観たアルジェの男と、これから各地で観られるアルジェの男は別物になって行くんだろうな〜。

また観たいな〜!

 

 

 

 

 

ではでは、今夜はこの辺で☘

礼真琴、次期星組トップに!娘役トップは舞空瞳ちゃん✨

こんにちは、あさがおです。


おめでとうございます!!琴ちゃん!!

そうだと思ってたけど、ちゃんと発表されるまで落ち着かなかったよ!


そして、娘役トップはやっぱり舞空瞳ちゃん✨

おめでとうございます(^.^)♡‬


実力派若手コンビの誕生ですね❤

二人とも若いから、きっと長期ですよね!(気が早い)




2番手は誰なのか、有沙瞳ちゃんはどうなるのか……などなど、気になることはありますが、とにかく今日はただただお祝いしたい!

本当におめでとうございます\(^^)/




宙組「オーシャンズ11」新人公演 配役発表。天彩峰里ちゃんがダイアナ!予想外の配役に期待が膨らみます✨

こんばんは、あさがおです。

 

そういや今日は新元号が発表になりました。

「令和(れいわ)」。

カッコいですね〜。なんかキラキラネームのよう。

でも、出典は「万葉集」なんですってね。風情があって良いですね。

良い時代になりますように☺️

 

と思いながら、宝塚の公式ホームページを開いたところ

出てました!

オーシャンズ11新人公演のその他配役が!!

おおっと、天彩峰里ちゃんはポーラですか?

と思いながら見ていると、なんと!

  クィーン ダイアナ!!👑

峰里ちゃん、ダイアナ?!

良いじゃないですか、良いじゃないですか!

本役の純矢ちとせさんはこれが卒業公演ですが、最後にベテランで演技派の娘役さんから学ぶ機会を得られたのはとてもラッキー✨

それだけでなく、ダイアナは役としてもとても面白いし、男役の見せ場が多いオーシャンズにおいては、ヒロインのテスと同じくらい目立つ娘役です。

 

おいしいですね〜。

 

峰里ちゃんのイメージだと、娘役らしいポーラかな?と思っていたので、イメージを壊すような役でとても興味深いです。

「群盗」では、かなり上級生のキキちゃん(芹香斗亜)の相手役をしっかり務め上げた峰里ちゃんですから、今回も期待以上の物を見せてくれるはず🤗

お喋りするときはふわふわしてますが、根性も実力もある娘役さんです。

 

新人公演って、主演やヒロインをするのも大事ですけど、どんなキャラクターの役を割り当てられるか、本役さんが誰かというのもとても大事だと思っています。

峰里ちゃん、良かったですね。

どうやら、花組オーシャンズの時のゆきちゃん(仙名彩世)と同じようですね(本公演エメラルド、新人公演ダイアナ)。しかも研6という学年も同じ?

これは峰里ちゃん、タイミングが合えば、どこかの組でトップ娘役もあり得るかもしれませんね。歌もお芝居も実力を買われているということでしょうから。

ゆきちゃんも、北翔さんの別箱公演など、あちこちでヒロインをして、合う人を探していたような感じでしたし(というか、トップ候補にゆきちゃんが合うか、という視点でしょうけれど)。

キキちゃんとがお似合いだったから、組んでほしいなとは思いますが・・・。

 

それはさておき、峰里ちゃんが目に見えてステップアップしているので、今後が楽しみです☺️

 

 

 

 

 

 

峰里ちゃん意外だと、亜音有星くんのベネディクトが予想外。

おお、これもなかなか挑戦的な配役。

結構ベビーフェイスな気がするのですが、ベネディクト、どんな感じで仕上げてくるでしょうか、楽しみです。

 

華妃まいあちゃんはベスなのか。結構コミカルな役だった気がするので、こちらも予想外というか、新しいまいあちゃんが見られそうで楽しみです☺️

 

ライナスは風色日向くんですね。巷でナニーロと呼ばれている彼女ですが、その面白い愛称(非公式)とは裏腹に、結構スタイルの良いイケメンw なので、ライナス楽しみです。

 

群盗で注目していた、なつ颯都くんはリビングストン。彼女も長身にベビーフェイスで可愛らしさと格好良さが入り混じった魅力があるので、リビングストンもとても魅力的になりそうですね。

 

優希しおんくんのラスティは、驚きはしませんでしたが、キキちゃんとはタイプの違うラスティを、ちゃんと作ってきそうなので期待大です。

 

他にも、群盗のおかげで下級生がわかるようになったので、「あ、この子がこんなところに!」「あ、子カールと子フランツが本当の兄弟に!😭」などと、細かいところで感動してしまう配役発表でしたw。

 

観に行きたいな〜。

 

誰かチケットくださ〜い🎫

 

 

 

個人的には、新元号よりも新公キャストに沸いた一日になりました🌸

 

 

ではでは、今日はこのへんで🌸🌸✨

 

 

雪組シアターオーブ公演「20世紀号に乗って」感想。雪組はスゴイ!!✨

こんばんは、あさがおです。

 

20世紀号、乗ってきました!!🚆

いや〜、すごかったです。

これぞ、ブロードウェイ・ミュージカル❗️

だいもん(望海風斗)もきほちゃん(真彩希帆)も、上手いなんてもんじゃないですね。

ファントムを観てた時も、ふと「あれ、宝塚観にきたんだっけ?」って思うくらい本格ミュージカル(自分で言ってて悲しくなりますが)だったけど、今回も何を観てるのか分からなくなるほどでした。

二人とも全力出し切ってる!という感じで、そんな演目に出会えてよかったねぇ😢なんて、誰目線か分からない感慨が。

 

シアターオーブで宝塚を見るのは初めてでしたが、先日「群盗」を観た日本青年館と比べると、照明は明るいし音も良いし、トイレも数多いし、良い劇場でした。

A席(2階)でも、S席(1階)でも観たのですが、A席の方が舞台奥まで観られたし、音響がとても良かったので、私は好きだったかも。

 

 

 

 

とりあえず簡単に一人ずつ感想を。

だいもんは、こんな明るい役を見たのも最後まで生きてる役を見たのも初めてでした笑。

登場シーンから爆笑だし、もう本当に歌だけでなくお芝居も上手いなあ〜!としか言いようがない。

 

きほちゃんは、一人(バックダンサー達はいるものの)で舞台を回す時間がとても長くて、驚きました。

もはや男役トップに「寄り添う」のではなく、「並び立つ」娘役。

彼女自身も、並々ならぬ志と覚悟を持って舞台に立っているのだろうなと感じました。

 

咲ちゃん(彩風咲奈)は、新境地というか、「コメディできるのかな?」なんて心配していたのが馬鹿でしたってくらいに振り切ってて、出てくるだけでつい笑ってしまいました。

全然無理している感じもなかったし、ポテンシャルの高さを改めて感じました

 

翔くんは、個性的な登場人物の中では比較的まとも?な人物で、役のキャラクターについて「挑戦だったな」とか「背伸びだったな」とは思わなかったんですが、タップダンスは素晴らしかったですね。

上半身がリラックスしていて、振りをなぞるだけでなく自分なりの色も出していて、ちゃんと「ダンス」になっていたのは流石だなと思いました。下級生はやっぱり上半身が緊張感抜けてない感じがしましたし、上級生の中でも特に翔くんが上手だったと思います。

 

あーさは、うん。なんかもうあーさは、あの美しい顔にはこだわらない演技をするなというのは、ファントムの時から分かっていたことでした(褒めてます)。

あんだけ美しかったらコメディとか難しいんじゃないかと思いますが、全く心配無用でした。自然すぎて美しいことは忘れてましたね。

ここらで一回2枚目役をやった方がいいんじゃないかと、逆方向の心配が生まれてしまった。

いや、それだけ良かったということです。

 

 

 

 

 

 

そしてそして、そうです!

やはりナンバーワンは、まなはる

真那春人さんですね。

まなはる、好きなんです。

お芝居が毎回とても良いんです。

ひかりふる路の時は限られた出番の中で瞬発力のある演技をされていて、「お姫様にはナイトが大勢ついておいでで〜」ってセリフは、そこだけで「はあ!」って強めのため息が出るほどでした。

今回は、だいもんのマネージャー?的な立場で、あーさと一緒にだいもんに引っ付いていたので、まあ

 ずーーーーーーーーーーーーーっと出ずっぱりです

こんなにまなはるのお芝居を堪能できるとは!

だいもんもあーさも(咲ちゃんは言うまでもなく)ボケ役で、まなはるがツッコミ担当という感じでしたが、間も良いしテンションも良いし・・・

って、好きなのでなんでも良く感じたのかもしれませんがww 

ただ、「あ〜上手いなあ」と思いながら見ていて、ふと

  前に出過ぎないように抑えてる?

とも感じました。

大事なことですけどね。特に、だいきほ咲がテンションマックスで走り回っているので、同じくらいのテンションで、かつ一歩下がったところから支えたりプッシュしたりしないといけない役所だと思うし。

でも、「あ、まなはるが抑えずに全力でやったらどうなるんだろう」ってちょっと見たくなりました。

こう思われたのは私だけではないようで、SNSで同じような感想を書かれていた方もちらほら。

やっぱり思いますよね。

あれだけ皆んなが歯止めなどなく爆走してるとね。

ああ、でも「♪ サイン、リリー サイン、リリー 僕ら幸せ✨」って歌ってた時は、何も考えてなさそうだったかもw

まなはるちゃん、次回はどんなお芝居を見せてくれるのか!

毎回楽しみにしてるんですよ!ほんと!

頑張ってね!

まだまだいてね!!(←ほんとそれ)

 

 

 

 

専科の京三紗さんは、とってもお茶目でした〜。

可愛かった〜。あんなおばあちゃんになりたいです☺️

久城あす君も、控えめなのに最後に笑いを持っていくお役でした。

そういえば、透真かずきさんは最初に笑いを持っていってましたねw

縣千君も、イメージを壊すような面白さで。これからが楽しみ。

ファントムで激推しだった沙月愛奈さんは、今回は歌で笑わせてくれました。もっとダンス見たかった!

 

 

 

 

「20世紀号に乗って」、音楽もとっても良くて、口ずさむと楽しい気分になる楽曲ばかり。

映像化はされないそうですが、CDも出ないのかな?

昔の雪組の「ハウ トゥ サクシード」や「フットルース」も映像化されませんでしたが、フットルースはCDは出ましたよね。

CDだけでも出してくれないかなぁ。

観終わった直後に「もう1回観たい!!」と思える作品でした。

 

 

 

それにしても、ブロードウェイ・ミュージカルをこんなにハイ・クウォリティに仕上げてくるなんて、雪組はスゴイ!!✨

次回の「壬生義士伝」はまた、涙無くしては観られない演目ですが、とても楽しみです。

 

 

 

 

ではでは今日はこの辺で🍀

七海ひろきさん、退団。世界の花婿、かいちゃん。ありがとう✨

こんばんは、あさがおです。

 

かいちゃん(七海ひろき)が昨日、無事にご卒業されました。

楽屋入りの服装は、まるで結婚式の新郎のようで。

 

宝塚大劇場千秋楽の楽屋入りの際は、おそらくファンの皆さんの予想を裏切り、非常にカジュアルなファッションでした。

それはそれで、まるで花沢類!世界の彼氏!!と騒然となりましたが、かいちゃんなら王子様みたいな格好で来るかな?と思っていたので、意外でした。

 

そうしたら!

昨日の新郎姿・・・!(キャー😆)

 

SNSでは、ムラでは彼氏として登場し、東京で結婚式を挙げるというストーリーを最初から決めていたのではないかと書かれている方もいましたが、本当にそうなら、なんて壮大なファンサービス!

かいちゃんは、昨日、ファンの皆さんと結婚式だったんですねぇ。

いつも、ファンの方がどうすれば幸せになれるか、すごく考えてくれる男役さんでしたね。

しかも、サービスとしてしている、というより、ご自分がそうしたいから自然とそうしている、という風に見えるのが、心温まります。

宝塚の男役になるために生まれてきたような方ですね☺️

 

 

 

 

 

 

台湾公演、ディナーショー、そして退団公演と、ものすごくタイトなスケジュールだったにもかかわらず、卒業の日まで元気に全うしてくれただけでなく、いつも爽やかな笑顔をファンに見せてくれたかいちゃん、本当にお疲れ様でした。

 

かいちゃんが宝塚からいなくなるのは、本当にさみしい😢

かいちゃんが演じたあんな役やこんな役、色々思い出します。

いつも本当に心から役を生きていて、素敵な演者さんでした。

 

私なんかが今更言う事じゃないけれど、真ん中で大きな羽根を背負っている姿を観たかった、と言う気持ちは残っています。

 

ただ

かいちゃんが、数多くいる宝塚の男役スターの中で唯一無二の存在で

ほかの誰にもない魅力を持っていて

かいちゃんを一番の贔屓と宣言している方々に限らず、宝塚ファンみんなから愛されていたことは間違いない事実で

 

そんな存在になれるということは、大きな羽根を背負うことよりも、実は難しいことなのではないか、とも思います。

 

ですから、かいちゃんは、16年間で、本当に素晴らしい偉業を達成し、ファンにたくさんの素晴らしい夢を届けてくれました✨

 

かいちゃん、今まで本当にありがとう☺️

これからも、私たちに夢を見させてくださいね。

 

 

 

ひとまずは、ゆっくり休んで、現役時代にはできなかったことにチャレンジしたり、行けなかった場所に行ったりして、エネルギーをチャージしてください!